龍宮窟の駐車場、アクセス、バスの時刻表、感想をまとめてみました!

龍宮窟下田にハート型をした洞窟があると聞いて、早速足を運んでみました。

その名も「龍宮窟」と呼ばれ、恋人たちの聖地として今話題のスポットです。

そこで今回は龍宮窟の無料駐車場やアクセス(行き方)、バスの時刻表などについてまとめてみました。

とっても神秘的で、穴場的な雰囲気もまたよかったです!

龍宮窟の駐車場

〒415-0029 静岡県下田市田牛(とうじ)

龍宮窟の駐車場・龍宮窟の目の前に無料駐車場があり、サンドスキーと共有で約20台収容可能。

・混雑時や夏のシーズンは有料となることがある。

・満車の場合は近くに有料駐車場があり、1回300~500円。

一言アドバイス
駐車場はカーブがかった場所にあるので、車の出し入れには注意が必要です。満車のこともありますが、15分もあれば楽しめる場所なので、車の回転率はさほど悪くはありません。

アクセス(行き方)

【車】伊豆急下田駅から約10分
下田駅から国道136号線「田牛入口」を左折します。「サンドスキー場標識・龍宮窟」の茶色い看板が見えるので、それを過ぎたすぐの場所に駐車場と龍宮窟の入り口があります

【バス】東海バス 伊豆急下田駅2番乗り場 運賃440円 所要時間約18分

下車は、前の浜停留所になります。
下田駅から前の浜までの時刻表はこちら
前の浜から下田駅までの時刻表はこちら 

※時刻表は2019年4月現在のものです。利用する場合は最新情報をご確認下さい。

いざ見学!

コンパクトな観光スポットですが、なかなか見ごたえがありました。夏だったので観光客も思っていたよりも多かったです!

階段

龍宮窟の階段

駐車場のすぐ横に階段があり、アクセスがとにかく抜群によいです。

階段は少し狭いですが手すりもありました。

階段を下りればすぐそこが龍宮窟となり、まさに別世界に誘われたような雰囲気。駐車場に停めてすぐ見学できるというのがいいですよね。

洞窟

龍宮窟

階段を下りると無数の小石が広がり、透明度の高いコバルトブルーの海水が広がっています。

洞窟は波が浸食をくりかえすことによってできたそうで、まさに自然の神秘。

周囲は火山活動によってできた火山岩片の層が壁のようになっていました。

天窓

龍宮窟

そして忘れてはならないのが天窓。

上を見上げてみると、直径約50メートルの大きな天窓があり、なんとハート形!

恋人たちの聖地と言われている理由が分かります。

上からの景色も絶景!

龍宮窟

下からも美しいのですが、遊歩道を登って上からみる龍宮窟も見事です。

周囲の海と相まって絶景を織りなしていました。

水遊びも!

龍宮窟

波が穏やかなので、ちょっとした水遊びをしている人もいました。

もちろん泳いだりすることはできませんが、ひんやりとした水がとても気持ちよかったです。

一言アドバイス
階段は少し滑りやすく、洞窟には石や岩がたくさんあります。滑りにくく歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

混雑状況

訪れたのは9月の平日の午後でしたが、車は残り1台ぎりぎりで待ち時間なしで停めることができました。

ただ所要時間は15分~30分もあれば楽しめる場所なので、駐車場の回転率は悪くありません。

午前中の早い時間や夕方の方が空いている可能性が高いです。

夏休みや海水浴シーズンは観光スポットとしては比較的コンパクトなので、もっと混雑しそうだなと思いました。

まとめ

龍宮窟は伊豆急下田駅に近く、短時間で見学できるのでちょっとした空き時間の観光にとてもおすすめです。

下田ならではの透明度の高い海を見ることができ、知る人ぞ知る穴場なスポットだなと感じました。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認下さい。