子連れで伊香保ロープウェイ!料金、営業時間、駐車場について。割引はある?

伊香保ロープウェイ伊香保温泉街からほど近い場所にある伊香保ロープウェイに、1歳の子どもを連れて遊びに行ってきました。

展望台は期待以上に見晴らしがよく、緑も多くてとても癒されました。

子どもが遊べる遊具もあって、子連れにもおすすめのお出かけスポットです。

今回は実際に足を運んだ体験をもとに、駐車場や割引クーポン、料金や営業時間、子連れに役立つ情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

3秒で分かる!伊香保ロープウェイの概要

伊香保ロープウェイ麓の不如帰駅から、標高934メートルの山頂駅まではロープウェイで約4分

・展望台にはときめきデッキとよばれる見晴らしのよい場所があり、関東平野を一望できる。

伊香保温泉街から徒歩5分

・冬季はスケートリンクがオープン

アクセス

まずは温泉宿に立ち寄ってから徒歩でと考えている人にも、直接行って駐車場に停めたいと考えている人にも役立つ情報をまとめてみました。

石段街から徒歩

伊香保温泉の中心部にある石段街から歩いて5分なので、とても近い場所にあります。

石段の下から歩いていくとちょっぴりきついですが、駐車場は有料なので歩いていった方がお財布には優しいです。

駐車場

伊香保ロープウェイの駐車場伊香保ロープウェイの麓駅である不如帰駅(ほととぎすえき)のすぐ横に渋川市営物聞駐車場があり、そこに車を停めることができます。

車で行きましたが、 休日でも駐車場は空いていてすぐに停めることができました。

ちなみに2016年8月までは駐車場は無料だったのですが、有料になりちょっと残念!

普通自動車は2時間300円、それ以降は1時間100円。

2時間もいれば十分に楽しめる場所なので、300円で利用できました。なおバイクは2時間まで100円で利用できます。

料金と営業時間

伊香保ロープウェイ 往復大人(中学生以上)820円、子供(小学生以下)410円で、1歳未満は無料で利用できます。

6歳未満は大人1名につき1名まで無料です。

営業時間は9時~17時までで、ロープウェイは15分間隔で運行しています。なお、上りの最終は4時45分です。

割引クーポン

伊香保ロープウェイにはJAF割引などはありませんが、バスのフリー乗車券を購入すると割引価格で利用できます。

2つのチケットの詳細についてまとめてみました。

伊香保温泉周遊フリー乗車券

渋川駅と伊香保駅を結ぶバスの車内では「伊香保温泉周遊フリー乗車券」を販売しています。

1日フリー乗車券は大人800円、子供400円、2日フリー乗車券は大人1,200円、子供600円。

フリー乗車券ではさらに、美術館などをはじめ周辺の観光スポットで割引サービスがあり、その一つが伊香保ロープウェイ。

フリー乗車券を見せると伊香保ロープウェイの料金が往復10%の割引になります。

伊香保温泉逗留券

伊香保温泉逗留券とは伊香保タウンバスの1日フリー切符+施設観光割引券がセットになったお得なチケットで、一枚1,000円で販売されており、町の駅、徳冨蘆花記念文学館、伊香保温泉観光協会などで購入できます。

逗留券を窓口で見せると、伊香保ロープウェイの片道料金大人480円が200円で利用できます。

スポンサーリンク

楽しみ方のポイント

伊香保ロープウェイは山頂がとても開けていて、景色以外にも色々と楽しめました。

公園などもあって、子連れにお出かけにもおすすめです。

山頂までは4分の空中散歩

伊香保ロープウェイ麓の不如帰駅から標高932メートルの山頂駅までは、約4分でアクセスできます。

休日でもロープウェイは待ち時間なしですぐに乗車できました。

昔ながらのロープウェイといった雰囲気がありますが、これも温泉街ならではです。

山頂駅から展望台へ

伊香保ロープウェイの展望台山頂駅から展望台のときめきデッキまでは、歩いて5分程度。

そこそこ舗装されているので、歩きにくいことはありません。

途中には緑の中にたくさんのベンチがあって、お弁当を食べたり、休憩している人もちらほらみかけました。

森林浴をしながら、のんびり過ごすのもよさそうですね。

展望台のときめきデッキ

伊香保ロープウェイのときめきデッキときめきデッキからは赤城山や谷川岳を一望できます。

訪れた日は天候に恵まれたので、期待以上に楽しめました。

温泉街から近いところに、こんなに景色のよい場所があるなんて少し感動です!

9月だったので緑がとてもきれいでしたが、紅葉の季節はもっと楽しめそうですね。

上ノ山公園

上ノ山公園山頂駅を下りてすぐ目の前に、公園があります。

大型の遊具もあり子供を遊ばせるのに最適です。

利用者も少なくほぼ貸し切り状態で利用できました。

ロープウェイの時間を見ながら、遊ばせて時間を潰すのにも最適です。

子連れにお役立ち情報

1歳の子どもを連れていったのですが、抱っこ紐とベビーカーと迷いましたが、抱っこ紐で行きました。

ロープウェイの乗り場まではエレベーターで行くことができますが、乗り場は階段になっており、またロープウェイの車内もさほど広くはないので、ベビーカーだと少々不便です。

また山頂駅周辺には緑が多く遊具やベンチなどもあって、子連れでピクニックなどもできます。

週末でもそんなに混んでいないことも魅力的でした。

ただ山頂駅にはレストランや売店はなく、自動販売機があるのみなので、食べ物などは事前に購入していくとよさそうですね。

まとめ

伊香保ロープウェイは温泉街に近い場所にありながら、石段街の混雑と比べるとびっくりするくらい空いていました。

規模はさほど大きくないからこそ、気軽に観光を楽しめるので、ちょっと空き時間があったときにもおすすめのスポットです。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認下さい。

スポンサーリンク