長谷寺(奈良)に無料駐車場はあるの?近いおすすめ駐車場を地図で解説

長谷寺奈良の長谷寺といえば「花のお寺」とも言われ、通年を通して四季の花を楽しむことができます。

春はさくらや牡丹、夏は紫陽花、秋は紅葉、冬は冬牡丹と訪れる度に様々な表情で楽しませてくれます。

長谷寺は奈良の中心部から少し離れているので、車で行かれる方も多いと思います。

そこで今回は奈良の長谷寺の駐車場についてまとめてみました。

残念ながら奈良を代表する観光地とあって無料駐車場はありませんが、近隣にはいくつかの有料駐車場があります。

基本的にどこを利用しても1回500円ですが、それぞれの特徴を詳しくまとめてみました。

駐車場から長谷寺までの徒歩時間をご案内するとともに、駐車場の住所を地図付きで解説します。

なお長谷寺でのイベントや、行楽シーズン、年末年始など混雑が予想されるときは、特別料金が適用となることもあるのでご注意下さい。

長谷寺境内駐車場(1回500円)

長谷寺まで徒歩1分
専用駐車場なので長谷寺にもっとも近い駐車場になり、バイクも1回200円で利用できます。ただし週末は午前中には満車になってしまうこともあるので、早めの到着がおすすめです。

住所
〒633-0112 奈良県桜井市初瀬731-1
料金
二輪200円
普通車500円
大型バスまで2,000円
収容台数約70台
入山時間(4月〜9月)
8:30〜17:00
(10・11月~3月)
9:00〜17:00
(12月〜2月)
9:00〜16:30
※牡丹まつり期間等時間延長あり


境内前パーキング(30分200円~)

長谷寺正面入り口まで徒歩1分
長谷寺正面入り口にもっとも近い民間パーキングです。収容台数は少ないですが、とめやすく参道のお店の散策にも便利です。周辺の駐車場の中でも珍しく時間単位の料金形態となっているので、利用時間によってはお得に利用できます。

住所
〒633-0112 奈良県桜井市初瀬738-1
料金
30分まで200円
60分まで400円
12時間まで500円
収容台数約10台
営業時間24時間

長谷寺前駐車場(1回500円)

長谷寺正面入り口まで徒歩3分
長谷寺の観光と門前町の散策とダブルで楽しめるロケーションが魅力的です。

住所
〒633-0112 奈良県桜井市初瀬765
料金
1回500円
収容台数約20台
営業時間9:00~17:00

いせ辻駐車場(12時間500円)

長谷寺まで徒歩7分
長谷寺まで少し歩きますが、収容台数が比較的大きいので混雑しているときははじめからこちらの駐車場を目指していくこともおすすめです。また駐車料金は4月29日~5月6日の間は12時間1000円となるのでご注意下さい。

住所
奈良県桜井市初瀬825
料金
12時間500円(但し4月29日~5月6日は12時間1000円)
収容台数36台
営業時間24時間

山口駐車場(1回500円)

長谷寺まで徒歩10分
165号線沿いにあるので分かりやすいロケーションで、とめやすい駐車場です。長谷寺に近くなるにつれて道が狭くなるので、多少歩いてもこちらの駐車場もとめてしまうこともおすすめです。また周辺の駐車場と比べると、比較的営業時間が長いことも特徴の一つです。

住所
奈良県桜井市初瀬945-2
料金
1回500円
収容台数約10台
営業時間7:00~19:00

初瀬観光センター駐車場(1回500円)

長谷寺まで徒歩10分
長谷寺まではもっとも遠い駐車場となりますが、観光案内所に併設されている駐車場なので、観光パンフレットやマップなども手に入れることができます。長谷寺周辺の駐車場の中ではもっとも収容台数が大きいので、混雑時にもおすすめです。

住所
桜井市初瀬1593-2
料金
バス及び大型トラック2,000円
乗用車500円
収容台数バス20台
乗用車50台
営業時間8:30~17:15
※年末年始(12/29~1/3)、火水は定休

まとめ

長谷寺の駐車場はさほど料金に大差はありませんが、駐車場によって営業時間や収容台数などが異なるので、それぞれの都合にあった駐車場をチョイスするのがおすすめです。

また長谷寺に近くなるに連れて道がやや狭くなるので、混雑しそうなときは多少離れていても、空車があればとめてしまうことも一つの方法といえるでしょう。

また大型連休やイベント時は料金が異なることがあるので、最新の情報を確認してお出かけ下さい。

<おすすめ記事>
ならまちで土日に安い駐車場はどこ?おすすめ駐車場を地図で解説
【明日香村の無料駐車場を地図で解説】駐車場周辺の観光についても!
平城京の駐車場の料金や営業時間は?アクセスや周辺観光についても!