【鳥取砂丘】無料駐車場を地図で解説。営業時間・住所・混雑状況についても!

鳥取砂丘鳥取砂丘は海岸砂丘として国内で唯一天然記念物に指定されており、その圧巻な景色は一度は見たい観光スポットです。

そこで今回は鳥取砂丘の駐車場について調べてみました。

鳥取砂丘の無料駐車場の住所、収容台数、営業時間、混雑状況などについてまとめています。

また無料駐車場が満車だったときのための有料駐車場についてもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

なお鳥取砂丘周辺の24時間営業の駐車場についても、ご紹介していきます。

無料駐車場

鳥取砂丘には砂丘に近い場所に無料駐車場が数か所あります。

お土産ショップやお食事処が併設されている駐車場や、鳥取砂丘までのリフト乗り場に近い駐車場など何かと便利な駐車場が充実しています。

基本的にどこにとめても鳥取砂丘までの距離は大差ないので、ぜひ観光のスタイルに応じてベストな場所をチョイスしてみて下さい。

なお、無料駐車場は行楽シーズンや繁忙期は有料となる場合もあるようなのでご注意下さい。

鳥取砂丘・砂の美術館展望駐車場(無料)

砂の美術館まで徒歩3分
丘の上にある無料駐車場で、「砂丘センター 見晴らしの丘」があり、お土産や食事が充実していると評判です。また施設の上が展望台になっているので、鳥取砂丘を一望できます。鳥取砂丘まではリフトに乗るか、砂丘センター横から歩いていくコースがあります。リフトは大人往復300円(片道200円)、子供往復200円(往復150円)なので、有料駐車場を利用するよりも安い料金でリフトに乗れることも魅力的です。

住所〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083周辺
料金無料
収容台数 <鳥取市営無料駐車場>
乗用車 250台
バス7台
※バイク不可

<鳥取砂丘センター駐車場>
乗用車 200台
バス 20台
※バイク可
営業時間 <鳥取市営無料駐車場>
8:30〜20:30
<鳥取砂丘センター駐車場>
24時間

砂丘会館(無料)

砂の美術館まで徒歩5分
鳥取砂丘近くにあるドライブインで、すぐ目の前に鳥取ジオパークがあります。鳥取の名産品をとり揃えた売店や海鮮丼や刺身定食などのグルメもあり、鳥取砂丘の散策前後の休憩におすすめです。鳥取ならではのらっきょうバーガーやお子様ランチもあります。砂丘会館の詳細はこちら

住所鳥取県鳥取市福部町湯山2164
料金無料
収容台数乗用車:150台
大型バス:30台
営業時間8:30~17:00

砂の美術館の駐車場

鳥取砂丘の観光スポット・砂の美術館に併設されている駐車場で、鳥取砂丘もすぐ近くにあります。県道319号線沿いから入れるメインゲート側と、収容台数の大きいサブゲート側と2つのエリアに駐車場がわかれています。砂の美術館の詳細はこちら

住所鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
料金無料
収容台数メインゲート側
30台
サブゲート側
180台
備考サブゲート側は、特別な夜間イベント等の期間以外は17時に終了

鳥取砂丘有料駐車場(1日500円)

前述の無料駐車場はお土産店や飲食店に併設されているところが大半なので、お店を利用しなくても無料で利用させてもらえるようですが、やはりマナーとして何かを購入した方がベターといえるでしょう。

そのためあっさりと立地のよい有料駐車場にとめてしまうこともおすすめなので、このコーナーでは鳥取砂丘の中心となる有料駐車場をご紹介します。

サービスセンターやトイレもあるので、何かと便利な駐車場です。約200台収容されており、混雑時でもとめられる可能性が高いです。

砂の美術館まで徒歩5分

住所鳥取県鳥取市福部町湯山2164-661
料金乗用車1日500円
二輪車1日200円
マイクロバス1日1,000円
大型バス1日2,000円
収容台数約200台
営業時間8:30~20:30

まとめ

鳥取砂丘には多数の駐車場がありますが、やはり無料駐車場は週末や行楽シーズンを中心に混雑していることが多く、しばしば渋滞が発生することもあるようです。

ご紹介した内容を参考にベストな駐車場をチョイスして、鳥取砂丘の圧巻な景色や、おいしいグルメをたっぷりと味わってみて下さい!

※ご紹介している内容はレポート時点の内容です。駐車場の料金や条件が改定となることもあるので、最新の情報を確認してお出かけ下さい。