【新百合イオン・キッズパーク】コロナ禍の中、遊びに行ってきた感想まとめ。

aeon新百合ヶ丘のイオンのキッズパークへ、5歳の子供を連れて遊びに行ってきました。

料金がリーズナブルで、ちょっと遊ばせるのには最高の遊び場でした。

そこで今回は料金、混雑状況、所要時間、遊具やおもちゃなどについて、実際に足を運んだ体験をもとにまとめてみました。

また気になるコロナ対策などについてもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。


料金について

2020年10月の休日に訪れたのですが、コロナ感染拡大防止のためかフリープランはなしで、10分130円のみの料金となっていました。

大人の料金はかからないので、実質子供だけの料金で済むメリットはとても大きいと感じました。

ただし大人の料金はかかりませんが、パーク内にスタッフがいないため、保護者が必ず見守るように注意書きがありました。

混雑状況

訪れたのは休日の雨の日、それなりに混雑を覚悟していったのですが、午後2時くらいでもパーク内で遊んでいる子は10人以下でした。

思っていたよりも空いていたので、コロナ禍でも、安心して遊ばせることができました。

ただパーク内は狭いので、1時間もいれば十分な印象でした。

5歳の子供も遊び尽くして、30分で帰るといったので、サクッと遊ばせるのにはちょうどよい感じです。

どんな遊具やおもちゃがある?

中心となるのはボールプールとトランポリンで、トランポリンは一人ずつしか入れないので、ときどき待つこともありましたが、待っても数分なのでスムーズに楽しむことができました。

ボールプールはやはりキドキドなどと比べると小さめですが、未就学児には十分な印象で、ボールプールには小さい滑り台もありました。

またおままごとのコーナーや、ペンでタッチして遊ぶゲーム、本などがあり、乗って遊べる動物などもありました。

もともとスペースが狭いこともあって、それぞれの数は多くはないものの、ちょっと遊ぶのにはちょうどよい感じでした。数は少ないですが、知育系のおもちゃも用意されていました。

お会計は?

特別に時間を決めていたわけではないので、子どもが飽きるまで遊ばせてあげようと思っていたのですが、30分経ったくらいに子供が他のところに行きたいといったので、パークを出ることにしました。

お会計は130円(10分毎)×3で、390円とかなりリーズナブルに遊ぶことができました。

やはり大人の料金がかからないメリットは非常に大きいなと感じました。

しかも390円以上利用すると、すぐ横にあるゲームセンターで好きなマシーンを一回無料で利用できるクーポンをもらうことができました。

トータル的には500円以下で、子どもも大満足だったので、お財布に優しくとてもよかったです。

コロナ対策は?

キッズパークに行く前に、電話で混雑状況を確認したところ、混雑してきたら入場制限をするかも・・・ということだったのですが、実際にはさほど混雑していなかったので、入場制限なしで入ることができました。

また一般的なマスクの着用、消毒液などの利用などのお願いがありましたが、特別に検温はありませんでした。

まとめ

コロナ禍の中で、少し迷いもありましたが、土日でも比較的空いていたので、買い物などのついでに遊ばせるのにはとてもよかったです。

また料金もリーズナブルで、後払いなので、利用時間分だけ支払いをすればよいので、入る前にあれこれ考える必要がなかった点もよかったです。

未就学児にちょうどよいスポットだなと感じたので、ぜひ買い物や食事の前後などに、足を運んでみてください。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認ください。