香嵐渓に無料駐車場はある?料金や安い駐車場を住所と地図で解説!

香嵐渓愛知県の人気の観光地・香嵐渓の駐車場について、調べてみました。

残念ながら香嵐渓には無料駐車場はないので、車でアクセスする場合は周辺の有料駐車場を利用するようになります。

駐車場の数自体は充実しており、駐車場選びがポイントとなります。

そこで今回は香嵐渓に近い駐車場、相場の半額程度で利用できる駐車場、臨時駐車場など、幅広くまとめてみました。

なお、令和2年は毎年恒例の香嵐渓のライトアップは行われないようなので、ご注意ください。

それぞれの駐車場の料金や場所を地図付きで解説していくので、ぜひ駐車場選びの参考にしてみてください。

香嵐渓に近い有料駐車場

このコーナーでは香嵐渓に近い場所にある、人気の有料駐車場をまとめてみました。

混雑していることが多い駐車場ですが、観光協会も近くにあり立地は抜群です。

宮町駐車場(1日1,000円)

香嵐渓まで徒歩2分
〒444-2424 愛知県豊田市足助町宮平39-8(約200台)
近くに足助観光協会があり香嵐渓の入り口にもっとも近い大型駐車場ですが、いつも混雑しています。バイクや大型バスも利用でき、車いすの方のための駐車スペースもあります。

豊田市役所足助支所駐車場(1日1,000円)

香嵐渓まで徒歩8分
〒444-2424 愛知県豊田市足助町宮ノ後26-2(120台)
24時間営業の駐車場で、近い場所にありながらも収容台数も大きいことが特徴です。

混雑時におすすめの駐車場

前述した宮町駐車場と豊田市役所足助支所駐車場は、紅葉のシーズンや週末などは混雑している可能性がとても高いです。

そのため、混雑しているときにおすすめの駐車場をまとめてみました。

香嵐渓から少し距離はありますが、とめられる可能性が高いのではじめから下記の駐車場を狙っていくこともおすすめです。

足助西町第2駐車場(1日1,000円)

香嵐渓まで徒歩5分
〒444-2424 愛知県豊田市足助町飯盛26(約70台)
近い場所にありながらも大通りから中に入った場所にあり、収容台数の大きい駐車場です。車いすの方のための駐車スペースもあります。

足助西町第1駐車場(1日1,000円)

香嵐渓まで徒歩10分
〒444-2424 愛知県豊田市足助町飯盛(約30台)※11月以外は閉鎖
香嵐渓まで徒歩10分とやや遠いため、混雑時におすすめの駐車場です。周辺には飲食店も充実しています。

川見駐車場(1日1,000円)

香嵐渓まで徒歩2分
〒444-2424 愛知県豊田市足助町飯盛38(約100台)
香嵐渓の表入口とは反対側にあるため、とめられる可能性が高い穴場な駐車場です。川に近い場所にあり、河原から見る香嵐渓も楽しめます。

その他の安い駐車場

香嵐渓周辺の駐車場の相場は、1回1,000円となっておりやや観光地価格となっています。

このコーナーでは相場の1,000円よりも安い駐車場をまとめてみました。

いずれもお店の駐車場なので時期によって変動の可能性もあるので、最新の情報を現地でご確認の上ご利用ください。

げんき食堂チュン(1日500円)

香嵐渓まで徒歩5分
〒444-2424 愛知県豊田市足助町宮平15−1(約60台)
台湾ラーメンや黒豚とんかつなどを味わえる昔ながらの食堂の駐車場で、相場の半額で利用できます。

そのほか民間駐車場

香嵐渓周辺では一般のお家の駐車場を観光客用に提供しているところもあります。

料金の相場は700~800円となっていますが、とめられるかは運次第なので、混雑時には空いている駐車場を見つけたらすぐにとめてしまうこともおすすめです。

臨時駐車場

このコーナーでは、香嵐渓の臨時駐車場についてまとめてみました。

臨時駐車場は11月の土日祝を中心にオープンし、令和2年は11月14日、15日、21~23日、28日、29日の予定となっています。

ただし利用日は状況次第で変更される可能性もあるので、係員がいないときは利用できないのでご注意ください。

また臨時駐車場へは足利バイパスが便利で、多少渋滞を回避してアクセス利用できる可能性もあります。

なお臨時駐車場は例年1日500円のようですが、念のため最新の情報をご確認の上ご利用ください。

足助中学校グランド

香嵐渓まで徒歩12分
〒444-2424 愛知県豊田市足助町梶平58(150台)

足助小学校グランド※令和2年は閉鎖

香嵐渓まで徒歩15分
〒444-2424 愛知県豊田市足助町今岡33-2(200台)

足助グラウンド

香嵐渓まで徒歩17分
〒444-2424 愛知県豊田市足助町真弓5-1(400台)

旧岩神の湯

香嵐渓まで徒歩17分
〒444-2351 愛知県豊田市岩神町仲田6-4付近(400台)

周辺の混雑

紅葉のシーズンはとにかく周辺の道路は混雑が激しく、平日でも渋滞が発生しています。

他県からも多数バスツアーなどで訪れる人も多く非常に混雑するので、朝早い時間帯がおすすめです。

また24時間利用できる駐車場を利用して、朝から散策を楽しんでみれば混雑を避けることができるでしょう。

まとめ

香嵐渓周辺の駐車場は数は多いですが、香嵐渓までやや離れた場所にある駐車場もあります。

近い駐車場はその道に向かう道路もかなり混雑するので、混雑時には少し離れた駐車場を狙っていくこともおすすめです。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認下さい。