【箱根強羅公園】料金・割引クーポン・駐車場情報について。子連れの感想も!

箱根強羅公園

箱根の人気の観光スポット・箱根強羅公園に子連れで遊びに行ってきました。

観光地にしては入園料がリーズナブルで、最寄り駅からも近い場所にあり、また紅葉のシーズンでも激しい混雑はなかったので、景色をたのしみながらのんびりと観光でき、とてもよい思い出ができました。

そこで今回は箱根強羅公園のアクセス、入園料、割引クーポン、駐車場情報、混雑状況、さらに実際に足を運んだ感想をもとに写真付きでまとめてみました。

ぜひこれから足を運ぶ方も参考にしてみてください。

なおレポート内容はコロナウィルス流行前のものです。状況が異なる場合もありますので、最新の情報をご確認の上、お出かけください。

3秒で分かる!強羅箱根公園の概要

大正3年(1914年)に開園した、日本初のフランス式庭園。
・陶芸・吹きガラス・ドライフラワー体験などを楽しめるクラフトハウスがある。
・桜、バラ、あじさい、紅葉など四季の風景を味わえる。

アクセス

 <電車の場合>
・箱根登山ケーブルカー 公園下駅から正門へ徒歩1分
・箱根登山ケーブルカー 公園上駅から西門へ徒歩1分
・強羅駅から徒歩5分

一言アドバイス
箱根強羅公園は傾斜地にある公園です。階段や坂道を少しでも避けたい方は、公園上駅からのアクセスがおすすめで、園内を下るように観光できます。また強羅駅からのケーブルカーが混んでいるときは、強羅駅から歩いても10分程度なので、健脚な方は強羅駅から周辺散策しながら徒歩で行くこともおすすめです。

<車の場合>
〒250-0408神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300 

駐車場は普通車43台収容可能で、駐車料金は1時間あたり300円です。

<駐車場の混雑状況>
箱根強羅公園の駐車場紅葉の時期の11月、休日に行ったらなんと駐車場は満車でした!

どうやら箱根強羅公園の駐車場は一般利用も可能で、行楽シーズンはあっという間に満車になってしまうようでした。

しかし次の日の月曜日、混雑は避けたいと思い、電車で行ったら駐車場は空いていました。しかも10台以上は空いていたと思います。

強羅公園は駅に近い場所にあるので電車で来る人が多い印象ですが、車でアクセスする際はできるだけ早い時間に来るのがおすすめといえます。

関連おすすめ記事:【強羅周辺】1時間300円・上限が安い駐車場を解説。無料はあるの?

入園料&入園時間

入園料:大人550円、小学生以下無料

入園時間:9:00~17:00(不定休)※入園は16:30まで

強羅公園の割引クーポン

強羅公園の割引クーポンはたくさんありますが、誰でも利用しやすいものを中心にまとめています。

プリントアウトが必要な場合と画面を提示するだけでOKなものがあるので、それぞれ解説していきます。

550円→500円になるクーポン

 ・公式ホームページ(5名まで有効)※印刷または画面提示
http://www.hakone-tozan.co.jp/gorapark/intro/coupon/

・HISクーポン(5名まで有効)※印刷
https://his-coupon.com/ja/shop_7500757.html

・ジョルダンクーポン(5名まで有効)※印刷
https://cp.jorudan.co.jp/coupon/spot/PSP50001581/

※JAF会員・タイムズクラブ会員、ベネフィットステーション会員は、会員証を窓口で提示すると、同様に50円割引となります。

入園料が無料のクーポン

箱根フリーパスを利用すると、なんと入園料が無料になります!

箱根フリーパスは強羅公園以外にも約50の施設で割引になるので、箱根観光をかなりお得に楽しめます。

箱根フリーパスの詳細はこちら

子連れで利用した感想

箱根強羅公園を0歳と2歳の子供を連れて、観光した感想をまとめてみました。

四季の風景を楽しめる場所

箱根強羅公園傾斜地にあるので園内の上の方に行くと、なかなか景色がよかったです。

箱根の山々を一望でき、ベンチがたくさんあるので座りながらのんびりできました。

訪れたときは紅葉のシーズンだったので園内の紅葉だけではなく、遠目にも紅葉を楽しめたことがよかったです。

ちなみに春は桜、しゃくなげ、つつじ、初夏はあじさいが特に美しいのだとか!

そのほかにもバラをはじめたくさん花が咲いているので、いつ訪れても様々な植物を鑑賞できることも魅力的です。

傾斜地にある公園

箱根強羅公園強羅公園は、正門は標高約574メートル、西門は標高約611メートルと傾斜地にある公園で、坂道や階段がとにかく多いです。

大人でもけっこう疲れます!

そのためベビーカーや車いすでは移動な困難な場面も多いので、まだよちよち歩きの子供は抱っこ紐を持っていくと安心できます。

ちなみに正門付近にはベンチがあるので、園内を散策されている方を待っていらっしゃる方も、ちらほらお見掛けしました。

子連れにはどうなの?

子供が遊べる遊具などはなくどちらかというと大人の雰囲気で、「鑑賞する公園」です。

しかし噴水エリアがあったり、四季の植物があちらこちらに咲いているので、子連れでもある程度は楽しめました。

階段や坂が多いので2歳の子供は途中でかなり疲れてしまったようですが、小学生以下は無料なので、有料施設の多い箱根の中ではかなりお財布に優しいスポットといえるでしょう。

3か所あるレストラン・カフェ

園内には3か所グルメスポットがあり、ランチや休憩におすすめです。

サンドイッチや軽食を味わえる「一色堂茶廊」、静寂な雰囲気の中でお茶をいただける「白雲洞茶苑」、強羅園カレーやパンシチュープレートが名物の「CAFÉ PIC」などがあります。

お洒落な外観や景色を楽しみながら、食事を味わえるのも強羅公園ならではの魅力だなと感じました。

ちなみに正門入口前にコンビニエンスストアがあるので、食べ物などを購入して園内のベンチなどで休憩されている方も見かけました。

まとめ

箱根強羅公園周辺には箱根美術館があり、また強羅駅にも近いのでお土産やグルメなど徒歩圏内にたくさん楽しめるところがあることも魅力の一つです。

箱根登山ケーブルカーが混雑しているときは、強羅駅からぶらぶらと歩きながらアクセスしてみることもおすすめです。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認下さい。