白川郷に無料駐車場はあるの?混雑や展望台までの距離についても!

世界遺産に登録されている白川郷へは、マイカーでアクセスを検討している人も多いことでしょう。

そこで今回は白川郷の駐車場について調べてみました。

白川郷には無料駐車場はないため、すべて有料駐車場を利用するようになります。

やはり一大観光地であることや世界遺産の保存費用を考えると、なかなか無料は難しいといえるのかもしれませね。

そこで今回は白川郷の駐車場の料金や収容台数、営業時間のほか、駐車場の混雑状況や駐車場から見どころとなる展望台までの距離についても詳しくご紹介していきます。

地図で分かりやすく解説するので、ぜひ観光に活用してみてください!

スポンサーリンク

白川郷の駐車場の特徴

白川郷の駐車場は主に3か所に設けられています。メインとなる村営せせらぎ公園駐車場のほか、2つの臨時駐車場があります。

臨時駐車場は混雑しているときのみにオープンするので、まずはせせらぎ公園駐車場を目指していくとよいでしょう。

混雑しているときは、停める場所や臨時駐車場などを誘導員が丁寧に案内してくれますよ。それではそれぞれの駐車場をご紹介していきます。

村営せせらぎ公園駐車場(普通車1回1,000円)

展望台行きシャトルバス乗り場まで徒歩約13分

住所〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町2495-3
料金・普通車1,000円
・バス・マイクロバス3,000円
・二輪車200円
営業時間8:00~17:00
(ライトアップ等イベント開催日を除く)
台数普通車 約200台
大型車 約40台
※二輪車可

観光案内所とトイレが完備されており、駐車料金の一部は世界遺産の保存に活用されます。休日は朝8時ころには満車になってしまうこともある、メインとなる駐車場です。村営せせらぎ公園駐車場から「であい橋」を渡ると世界遺産集落です。

寺尾臨時駐車場(普通車1回500円)

展望台行きシャトルバス乗り場まで徒歩約8分

住所〒501-5629 岐阜県大野郡白川村鳩谷
料金1日500円
営業時間8:00~17:00
(ライトアップ等イベント開催日を除く)
台数普通車 約600台

村営せせらぎ公園駐車場が混雑しているときは、こちらの臨時駐車場に案内されます。少し離れていますが、荻町合掌造り集落へはシャトルバスが運行されています。高台にある駐車場のため世界遺産のあるエリアのところまで、 行きは下り坂のため徒歩10分、帰りは上り坂のため徒歩15分となります。ライトアップ期間は21時まで営業していることも魅力的です。

スポンサーリンク

みだしま公園臨時駐車場(普通車1回500円)

展望台行きシャトルバス乗り場まで徒歩約15分

住所正確な住所は不明のため、下記の地図を参照
料金1日500円(普通車)
1日200円(二輪車)
営業時間8:00~17:00
(ライトアップ等イベント開催日を除く)
台数普通車 約120台

村営せせらぎ公園駐車場が混雑しているときは、こちらの臨時駐車場に案内されます。河川敷を利用した駐車場のため正確な住所は不明ですが下記の地図を参考にしてください。

天守閣展望台駐車場(無料)

白川郷集落まで徒歩15分~20分
〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町889
白川郷一望できるロケーションのよい駐車場です。無料で利用できますが、狭いので駐車スペースは限られており平日、休日問わず混雑しています。

また周辺の道が狭いので、注意が必要です。

ピーク期はシャトルバスが運行されており(片道200円、往復400円)とても便利です。

白川郷の集落まで徒歩圏内ですが、坂道がきついので、小さい子連れや高齢者連れにはあまりおすすめできません。

またあくまでも展望台専用駐車場なので、マナーのある利用が大切です。

混雑状況

白川郷駐車場は数は多くありませんが、それぞれの駐車場の収容台数が大きいので、どこにもとめられないということはなさそうです。

ただしメインとなるせせらぎ公園駐車場は週末は朝一番でも混雑していたり、平日でも混雑していることもよくあります。

混雑しているときは30分以上待つこともあるので、時間的に余裕を持ってアクセスするとよいでしょう。

まとめ

白川郷の駐車場は係員がしっかりと誘導してくれるのでとても安心感があり、広々としているのでとめやすいことも魅力の一つです。

言うまでもなく豪雪地帯なので、冬はスタッドレスタイヤを装備してお出かけ下さい。

※ご紹介している内容はレポート時点の内容です。料金や条件が改定となることもあるので、最新の情報を確認してお出かけ下さい。

スポンサーリンク