【相模原公園の駐車場】無料の場所や営業時間について。遊具広場やアクセスについても!

相模原公園の森の木展望台2歳と0歳の子供を連れて、相模原公園に遊びに行ってきました。

目的はずばり遊具で遊ばせること!8月の平日に行きましたがかなり空いていて、ゆったりと遊ぶことができました。

今回は子供が楽しめる遊具や広場の感想、さらに無料駐車場と有料駐車場について、それぞれの駐車場の料金、住所、営業時間、収容台数などをご案内していきます。

スポンサーリンク

アクセス

【車】 圏央道・相模原愛川インターから町田方面へ約20分 【電車】 小田急相模大野駅北口からバスで約20分、JR相模線原当麻駅からバスで約5分、JR横浜線古淵駅から約20分

駐車場について

相模原公園は最寄り駅からやや離れた場所にあるので、車で行かれる方も多いと思います。

駐車場には無料と有料があるので、それぞれの住所を地図付きで解説するとともに営業時間や駐車場料金についてもご案内します。

公園西駐車場(無料駐車場)

住所〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝
料金無料
収容台数約40台
営業時間7:00~19:00
相模原公園のすぐ目の前にある、せせらぎの園地区に併設されている駐車場で無料で利用できます。夜間は施錠されるのでご注意ください。

中央駐車場(有料駐車場)

住所〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝
料金<2時間以内>
平日100円、土日祝300円
<2時間を超え3時間以内>
平日150円、土日祝450円
<3時間以上閉門まで>
平日200円、土日祝600円
収容台数普通282台(うち身障者用8台、EV充電用3台)
営業時間6:00~20:00
収容台数の大きい駐車場で、広くてとめやすいです。有料ですが比較的良心的な料金なのが嬉しいですね。なお、バイクは無料で利用できます。

子供の遊びスポット!

相模原公園はユニークな遊具があり、子供を遊ばせるのには最高のスポットです。それぞれ遊び場を感想とともにまとめてみました。

スポンサーリンク

森の木展望台

相模原公園の森の木展望台相模原公園の遊具のシンボルとも言えるのが、 森の木展望台でなんだかアニメに出てきそうな雰囲気。

大きな木のかたちをしており、2歳くらいの子どもでもすいすい登ることができます。

これだけ大きい遊具はなかなか珍しい!大人も一緒に登ることができ、 てっぺんからは園内の芝生エリアを一望できて景色も抜群です。

滑り台で下りることができるので、子供には最高の遊び場です。

みどりのトンネル

相模原公園のみどりのトンネル森の木展望台のすぐ前にはみどりのトンネルがあり、季節の花で作られたトンネルがいい感じです。

結構長いトンネルなので、子供は駆け回っていました。

遊具広場

相模原公園の遊具遊具広場には 滑り台が2本ついた大型遊具があり、子供がわくわくするような仕掛けがいっぱいです。

ブランコや動物の乗り物などもあり、平日だったので、2、3人くらいしかいなかったので、ほぼ貸し切り状態で楽しめました。

芝生広場

相模原公園の芝生広場相模原公園と言えば、芝生広場と言えるほどにとにかく広い!

面積はなんと約27,000㎡にも及び、親子でかけっこもできちゃうほどです。

周辺には大きな木があるので、 レジャーシートを持ってきてピクニックにもよさそうです。

売店

中央駐車場から公園に入ったすぐのところに売店があります。

パン、ラーメン、カレーライス、ホットドッグなどの軽食が販売されています。

お値段は少し高めですが、一日遊ぶ人にとってはとても重宝できそうですね。

周辺観光

相模原公園のすぐ目の前には、 相模原麻溝公園がありとても大きな公園です。

シンボルタワー、アスレチック、複合遊具などがあります。

また 相模原公園から車で20分ほどの場所には、相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはらという水族館があり、規模は小さいですが子連れにはとてもおすすめです。

おすすめ記事:相模川ふれあい科学館は混雑するの?ランチはできる?周辺情報も!

まとめ

相模原公園に行ったのは、平日だったので 人気の遊具が遊びたい放題で、空いていたことがとても魅力的でした。

夏はちびっこ水遊び広場もオープンするので水遊びもでき、また四季の風景を楽しめる場所でもあるので、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に遊びにきても楽しめそうですね。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認下さい。

スポンサーリンク