【箱根・駒ケ岳ロープウェイ】料金・混雑状況について。奥宮に行った感想も!

komagatake箱根・駒ケ岳ロープウェイに、8月の夏休みシーズンを利用して足を運んできました。

夏休み中なので混雑覚悟で行ったのですが、予想していたよりも空いており、夏の箱根でゆったりと観光できたこともよかったです。

そこで今回は箱根・駒ケ岳ロープウェイの料金や混雑状況について、まとめてみました。

またロープウェイを降りてから、箱根のパワースポットと呼ばれる山頂の奥宮へ行ってきたので、その感想もまとめてみました。

ぜひ箱根観光の参考にしてみてください。

アクセス・料金について

<車の場合>
東名高速道路厚木I.C.から小田原厚木道路経由で約1時間
東名高速道路御殿場I.C.から乙女峠経由で約45分

<電車の場合>
東海道新幹線小田原駅から伊豆箱根バスで約80分
小田急ロマンスカー箱根湯本駅から伊豆箱根バスで約1時間

駐車場料金はシーズンにより有料となり、夏休みだったので1回1,000円とやや割高な料金を支払いました。

しかし通常期は平日は無料のときもあるようなので、箱根園のホームページにて最新の情報をご確認ください。

住所〒250-0522神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139 
料金<往復料金>
大人1,600円
子供800円
運行時間<始発>
9:00A.M.(上り)
<最終>
4:30P.M.(上り)
4:50P.M.(下り)

※毎時00分、20分、40分の20分間隔で運行
※混雑時は臨時便対応
駐車場料金
※312 台
乗用車1回1,000円
バイク1回400円
※シーズンにより有料

箱根ロープウェイの料金はやや割高なので、少しでも安い料金で利用したいものですよね。

そんな方におすすめの割引クーポンの記事はこちら→箱根・駒ケ岳ロープウェイの料金は高い!割引クーポンをまとめてみました!

混雑状況について

komagatake箱根の駒ケ岳ロープウェイを利用したのは、8月の平日の夏休みシーズンです。

14時ころ到着したのですが、駐車場は入り口に近いところはほぼ埋まっているほど混雑していましたが、駒ケ岳ロープウェイはさほど混雑していませんでした。

チケットを購入するのに数分待った程度で、ロープウェイは往復とも待ち時間なしで乗ることができました。

ちなみに以前大涌谷に行ったときの箱根ロープウェイは激込みで、小さい子ども連れで長時間待つことはできないと思い結局諦めて帰ってきたので、同じ箱根でもこれほどまでに違うものかと思いました。

同じロープウェイを楽しむのであれば、駒ケ岳ロープウェイの方が混雑は緩和されているといえるかもしれませんね。また混雑時は臨時便が運行されるそうです。

箱根大涌谷の混雑の記事はこちら→箱根大涌谷は混雑がすごい!混雑状況と回避方法をアドバイス!

感想を写真付きで解説

このコーナーでは、駒ケ岳ロープウェイに乗った感想をまとめてみました。

箱根のパワースポット、奥宮までも行ってきたのでぜひ参考にしてみてください。

約7分で上空へ

komagatakeロープウェイに乗ることが約7分で、上空に行くことができます。

麓は晴れていたのに、途中で霧が辺り一面に広がり、すぐ先の景色がよく見えないなんてこともありましたが、天気の変化を楽しめることも、ロープウェイならではの醍醐味だなと感じました。

眼下には箱根のシンボル・芦ノ湖も見えて景色が最高でした。

意外にひんやりでもない!?

komagatakeロープウェイ乗り場には山頂の気温が表示されており、20度と書いてあったのですが、体感的にはもっとある感じで、夏の14時ころということもありけっこう暑かったです。

気温は麓と山頂で10度くらい異なるそうなので、秋などのお出かけには上着があった方がよさそうだなと思いました。

奥宮へ

komagatake箱根駒ケ岳ロープウェイのパワースポットといえば、奥宮で知られているので、ロープウェイを降りたら早速向かうことにしました。

それにしても階段と坂道がけっこうきつい!小さい子連れや高齢者連れにはややハードな道のりなので、景色だけを楽しむのであれば周辺散策だけでもありだなと思いました。

ちなみにロープウェイを降りてから、奥宮までは徒歩で10分ほどですが、夏だったので汗だくになりました。日焼け止めや帽子はまさに必須アイテムといえるでしょう。

奥宮は景色が最高!

okumiya奥宮はまさに天空にある神社のようで、近づくに連れてとても景色が神秘的でした。

その日は住職がいらっしゃったためか、奥宮ではお守りも販売されていました。

しかし恋守りはなんと1つ1,000円!迷いましたが、ちょっと高いなと思ってパスすることにしました。

こぢんまりとした小さい神社ですが、パワースポットと言われる所以を肌で感じることができました。

また晴れていても霧が多いので、境内から刻々と変化する景色も見ることができ、ここまで登ってきた甲斐があったなと感じました。

とにかく霧がすごい!

okumiya奥宮からロープウェイ乗り場まで帰ろうとすると、今度は数メートル先も見えないほどに霧が激しく、子供はお化け村!なんて言いながら楽しんでいました。

まさに自然の織りなす神秘を体験できたのですが、本当に数メートル先も見えないので特に小さい子連れには、注意が必要です。

まとめ

箱根の駒ケ岳ロープウェイは料金も観光地価格だし、休日は駐車場料金も高いなーと思っていたのですが、実際に足を運んでみると思っていた以上に景色がきれいでたっぷりとその魅力を味わうことができました。

また混雑も夏の箱根にしては緩和されているので、ストレスなく楽しめたこともよかったです。

子連れ、カップル、グループ旅行など幅広い世代が楽しめるスポットだと思うので、ぜひ箱根観光の一つにチョイスしてみてください。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認下さい。