ドラえもんミュージアムの料金は?割引は?色々お金がかかった感想まとめ。

ドラえもんミュージアムドラえもんミュージアムへ1歳と3歳の子供を連れて、遊びに行ってきました。

気になる料金や割引の有無などについてまとめてみました。

またドラえもんミュージアムは入館料そのものはさほど高くはないのですが、そのほかの料金がやや高くついたのでその理由とともにまとめてみました。

1歳と3歳の子供は入館料はかからないのでその点はよかったのですが、小さい子連れにはやや不向きだなと感じることもあったので、その感想とともにまとめてみました。

スポンサーリンク

ドラえもんミュージアムの料金

ドラえもんミュージアムのチケットは、完全予約制でローソンのみで購入できます。料金は、

大人・大学生1,000円
高校・中学生700円
4歳~小学生500円
3歳以下無料

3歳以下の子供は無料ですが、一緒に連れていった子供はこの時3歳11ヶ月。年齢確認をされたらと思い、保険証を持っていきましたが、確認はなかったです。完全予約制とは言え年末の最終日の予約を、前日でもとることができました。通常の平日であれば、もっととりやすいのでは?と思いました。

割引はあるの?

ドラえもんミュージアムには、割引クーポンは特にないようです。

そもそもチケットを購入できるのがローソンのみなので、割引クーポンがないことも納得できます。

大人1,000円で数時間楽しめることを思えば、妥当な料金といえるでしょう。

入館料以外の料金はやや高め!

ドラえもんミュージアムで入館料以外の料金がやや高いと感じることが多かったので、項目別にその感想をまとめてみました。

バス代がかかる&周辺の駐車場料金が高い!

車で行く人はすでにリサーチされていることかと思いますが、アクセスがあまりよくない場所にあるのに、専用駐車場がありません。

しかも最寄り駅からは歩くと15分程度かかり、子連れや高齢者連れには少々辛いです。

最寄り駅からシャトルバスがでていますが有料で、車の人は高い駐車場料金がかかることになります。

周辺には大型駐車場がないので、小さい駐車場でも料金は強気なのか、高めの設定となっていました。

近い駐車場は土日祝で1時間600円する駐車場や、最大料金が1,500円以上する駐車場などもあります。

近くには予約ができて比較的安い駐車場がありますが、前日ではすでに満車だったので早めの予約がおすすめです。

ちなみにドラえもんミュージアムから500メートルくらい離れると、一日とめても1,000円以下の駐車場もちらほらありました。

カフェの料金が高い!

徒歩圏内にランチができるような場所はほとんどなく、徒歩10分くらい歩くとファミレスなどがある程度です。

園内のカフェにはドラえもんをモチーフとしたメニューなどがあり、ファンには嬉しいポイントなのですが平均で一人1,500円前後はします。ドラえもん御膳2,250円、ドラえもんのそぼろ3色ごはんは1,600円と、けっこうなお値段です。

スイーツなども1,000円くらいするので、家族4人で行けば5,000円は超えてしまいそうです。

また館内は飲食持ち込み不可なので、ドラえもんのカフェを選ぶか、周辺で済ませてくるかのいずれかになります。

ちなみにドラえもんカフェは常に激混みで、入館をしたらカフェの整理券をピックアップして、時間になったらカフェに足を運ぶのが一般的なようでした。

スポンサーリンク

お土産はやっぱり高い!

いうまでもないですが、やはりお土産ショップの料金は全体的に割高でした。

ファンならいいけど、ただ子供がドラえもんがなんとなく好き!というレベルでは、手の届きくいお値段のお土産も多かったです。

1歳と3歳の子供を連れていった感想

1歳と3歳の子供を連れて、ドラえもんミュージアムに行った感想をまとめてみました。小さい子連れだとやや難しく感じることもあったので、項目別にご紹介していきます。

ベビーカー不可

館内は狭いのでしょうがないのかもしれませんが、1.2歳の子供連れにベビーカー不可はつらいです。

少し歩かせればお土産ショップではどこか行ってしまうし、混雑もしているので目を離すことができず、大人がゆっくり見れない感じでした。

しかもベビーカー置き場も混んでいて、出し入れなどにも苦労しました。抱っこ紐が辛くなってくる2歳ころの子連れが一番きついように感じました。

飲食不可

離乳食などはカフェや授乳室などに持ち込みはできるようですが、それ以外ではできないので、機嫌が悪くなったときのお決まりのボーロもNGは少々辛かったです。

確かに展示コーナーや上映室でNGは分かるのですが、カフェも混雑しているので飲食可能なフリースペースがあると嬉しかったです。

内容がやや大人向け

全体的に内容は小学生から大人向けの感じで、展示物はあまり楽しむことができませんでした。

シアターも子供には微妙で、いつ終わる?とすでに退屈しているようでした。

一番楽しめたのは屋外にあるキャラクターで、一緒に写真を撮ったり、どこでもドアのまわりをぐるぐるして遊んでいました。

ただキャラクターと一緒に写真を撮りたい人も多いためか、屋外のフォトスポットには行列ができていて、子供が長く遊んではいられない雰囲気でした。

3歳以下は入館料が無料なのでタダで楽しめたことはよかったですが、1歳と3歳にはちょっと早かったかなと思いました。

館内が狭い!

館内は思っていたよりも狭くて、完全予約制のわりには混雑も激しかったです。

お土産ショップはすれ違えないほどに混雑していて、カフェも整理券がないと入れないので、ちょろちょろ歩くこどもにはやや不向きな面もありました。

エレベーターも狭いので、乗る人で行列ができていたり、屋外スペースもホームページで見て想像していたものより狭くて、人ごみに常にいる感じでやや疲れました。

まとめ

ドラえもんミュージアムは内容が小学生から大人向けなので、ドラえもんがちょっと好き!という小さな子連れにはちょっと早かったなと思いました。

ただ子供にとってはドラえもんに会えたという思い出ができたようで、それはそれでよかったなと思いました。

ただ車で行かれる方は駐車場を予約していった方が安い料金で利用できるので、早めに予約することをおすすめします。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認下さい。

スポンサーリンク