【山形城跡(霞城公園)】駐車場料金や営業時間について。アクセスについても!

山形城山形城跡は霞城公園として整備されており、日本百名城および日本の歴史公園100選に選ばれ、通年と通して多くの観光客が訪れます。

春は山形県随一の桜の名所として知られており、お花見を楽しむことができます。

そこで今回は霞城公園の駐車場や料金、営業時間、またイベントなどについても調べてみました。

ぜひ山形城の観光に役立ててみてください!

スポンサーリンク

アクセス

【車の場合】
山形自動車道・山形蔵王インターより約15分~20分

【電車の場合】
山形駅東口から東大手門まで徒歩約15分
山形駅西口から南門まで徒歩約10分
バス停「霞城公園前」から東大手門まで徒歩約5分

駐車場料金と営業時間

住所〒9900826 山形市霞城町1番7号
料金無料
収容台数230台
うち、身体障がい者等用駐車スペース5台
バス用駐車スペース5台
営業時間<4月1日~10月31日>
5時00分から22時00分
<11月1日~3月31日>
5時30分から22時00分

霞城公園内への車での進入は北門からとなっており、北門から駐車場までは少し距離があるので、余裕を持ってアクセスするのがおすすめです。通常の週末であればとめることができますが、お花見シーズンやさんま祭りなどのイベント時は満車になることもあるのでご注意下さい。

入園料について

原則無料ですが、園内施設で料金が必要な場合あります。駐車場も無料なので、かなりお得に観光できるのが嬉しいですね!

主なイベント

山形城跡(霞城公園)では春と秋に、大きなイベントが開催されます。イベントに合わせて、観光してみるのもおすすめです!

スポンサーリンク

桜の名所(4月中旬~下旬)
霞城公園は山形市随一の桜の名所として知られており、春は約1,500本の桜が見事に咲き誇ります。見頃の時期に合わせて、大茶会や東大手門櫓公開なども行われ、特に夜のライトアップは幻想的な風景を楽しむことができます。

さんま祭り(9月)
毎年秋の秋分の日頃に、東日本大震災復興支援の一環として気仙沼のさんま祭りが開催されます。炭火焼のサンマ無料配布や、三陸・山形の名産品や加工品などが販売されます。

まとめ

山形城跡(霞城公園)は、駐車場無料で入園料が無料で楽しめるのが魅力的です。

山形駅から徒歩圏内にあるので、ぜひ駅周辺の散策とともに、楽しんでみて下さい。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認下さい。

スポンサーリンク