モト旅行会社勤務が語る!旅行に台風が直撃!知っておきたい5つのこと(国内編)

台風せっかく予定していた旅行に台風が直撃!

旅行はどうする?キャンセル料はかかるの?欠航になったらどうしよう・・・などなど、色々と心配事が出てくるものです。

そこで今回は、旅行に台風が直撃したときに知っておきたい、役立つ情報を5つご紹介します。

ときには早い判断が功を奏することもあるので、台風が来たら常に最新情報を確認して、旅行をどうするのかベストなアンサーを探してみましょう。

台風でもキャンセル料はかかる?

結論から言うと、台風でもキャンセル料がかかることが一般的です。

台風でもホテルや旅館は営業していますし、台風でもやってくるお客さんもいます。

つまり天候が理由とは言え、キャンセルは自己都合によるものと考えられるので、残念ながらキャンセル料は発生してしまうのが通常です。

台風が直撃しそうだったら、早めにキャンセルしてしまうことも一つの方法といえます。

出発日が近づくにつれてキャンセル料はどんどん高くなっていくので、早めに判断することもポイントの一つです。

ホテルや温泉宿にキャンセル料を交渉する

旅行に台風が直撃してもキャンセル料がかかることが一般的ですが、 インターネット等などで個人でホテルや温泉宿を手配している場合、直接宿泊先に電話をしてキャンセル料の交渉してみましょう。

台風で現地に行くまでの交通手段が途絶えた場合など、現地に行くことが難しい場合は、たとえキャンセル料のかかる期間であっても、宿やホテルのご好意でキャンセル料を免除してくれることがあります。

またキャンセル料の発生する期間であっても無料でキャンセルに応じてくれたり、もしくは別の日程に変更することが条件で、今回はキャンセル料を免除にしてくれるなど宿によって対応もまちまちですが、交渉する価値はあります。

ちなみにここでポイントとなるのは、メールよりも電話の方がベターであるということです。

台風が直撃するということは、ホテルや宿泊先にも同じような問い合わせが多数来ていることが多く、すぐに返信をしてもらえない可能性もあります。

また返信が返ってきたとしても、宿泊先側も対応に追われて定型文である可能性もあるので、やはり電話の方が何かと安心感はあるでしょう。

ただしこれはあくまでも宿泊先側の判断となるので、もちろん規定のキャンセル料が発生する場合もあります。

行きの飛行機や新幹線が利用できない場合(ツアー)

新幹線や飛行機とホテルがセットになったツアーでは、台風によって行きの飛行機が欠航したり、行きの新幹線が運休となれば、例えキャンセル料がかかる期間であってもツアー代金は返金されるのが一般的です。

ただ旅行会社によっては数千円程度の手配手数料や、振込手数料などは差し引かれて返金になることもあるので、予約した際の条件等をよく確認してみましょう。

また返金されるまでの期間は、通常のキャンセル扱いとは異なり、航空会社や新幹線などの手配先から旅行会社にキャンセル処理の手続きを終えて、それぞれのお客様に返金される流れとなります。

同様の事態に該当する人が多数いる可能性もあることから、返金されるまでに数か月ほど時間を要することもあります。

せっかくの旅行に行けなくなってしまうことは残念ですが、とりあえず返金されるまでの期間は気長に待ちましょう!

帰りの飛行機や新幹線が利用できない場合(ツアー)

行きは大丈夫だったけど、現地に行ってから台風が直撃して、帰りの飛行機や新幹線が利用できなくなってしまった場合は、どうなるのでしょうか?

基本的には振替が原則となり、空港のカウンターやみどりの窓口で手続きが必要となります。

ただ長蛇の行列に並ぶことは必至であり、また希望する振替便に乗れるとも限りません。

翌日以降に振替となった場合は、宿泊代金や宿に行くまでの交通費は自己負担となります。

例えばツアーを利用して東京から大阪まで飛行機で行き、帰りの飛行機が台風で欠航になった場合を想定します。

仕事の都合でどうしてもその日に東京にもどらなければならず、新幹線は動いていたので新幹線を利用して東京に帰ってきたとします。

この場合、帰りの新幹線代は自己負担となり、利用しなかった帰りの飛行機代は後日返金されます。

ただしこの場合の返金される飛行機代は、あくまでもツアーの一部として組み込まれている料金となり、通常の飛行機代とは異なり料金は安く計算されます。

自己負担した新幹線代をカバーできるほどの金額ではありませんが、少しでも返金されれば嬉しいものです。

当日の連絡先を確認!

台風が旅行に直撃しそうな場合は、早めに行動するのがベターです。

早めといっても、まだ進路も定まらないし・・・と思う方も多いと思いますが、直前になって慌てないためにも、台風が直撃した際にどうすればよいのか、旅行会社、宿泊先、航空会社など各種電話番号を確認しておきましょう。

ただ旅行会社は営業時間外は電話はつながらないことが一般的ですし、宿泊先や航空会社は混雑により電話がつながりにくくなってしまう可能性も十分に考えられます。

台風が直撃するのは旅行会社が営業時間外という可能性もあるので、直撃する数日前でも当日はどうすればよいのか、当日の連絡先はどこになるのかなど、事前に確認をしておきましょう。

やはりこの場合もメールはタイムラグが発生する可能性もあり、なるべく電話で問い合わせする方が安心感もありベターといえるでしょう。

おすすめ記事:雨の日の旅行や観光はどうする?知っておきたい10のこと

まとめ

旅行に台風が直撃することは、せっかくの計画や楽しみがなくなってしまうようで非常にテンションが下がりますが、旅行は何よりも安全が第一であり、楽しめてこそ良い思い出もできるものです。

早めに気持ちを切り替えて、気になるキャンセル料や当日の連絡先などを事前に確認しておくことがポイントとなることでしょう。