旅行の行き先はどう決めるのがベスト?おすすめの5つの方法(国内編)

星のや軽井沢旅行に行きたいけれど、なかなか行き先が決められないなんてことありませんか?

どうしても行きたい温泉や観光地があるわけではない・・・!ネットで検索はしてみるものの、いまいちピンとこないなんてこともありますよね。

そこで今回は、あれこれと迷ってしまったときに役立つ、 旅行の行き先を決めるベストな方法を5つご紹介します。

少し考え方を変えてみるだけで、行きたい場所が見つかるかもしれません!

目的を持って旅行に行けば、楽しみもきっと増えることでしょう。


スポンサーリンク

四季の風景に注目してみる!

かみゆうべつチューリップ公園

かみゆうべつチューリップ公園(北海道)

せっかく旅行に行くなら、四季の風景を楽しみたいものです。

春の桜、秋の紅葉、冬の雪景色は定番ですが、それだけではなかなか行き先を判断することは難しいものです。

そこでおすすめなのが、もう少し具体的に花の名前を入れて検索してみることです。

春だったらチューリップ、初夏は紫陽花、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は梅などが挙げられますね。

あれこれインターネットで見ていると、こんなきれいな景色を見てみたいと思う場所がきっと見つかることでしょう。

行きたい場所の周辺にある温泉やホテルを選べば、行き先も具体的に絞られてくることでしょう。

行ってみたいイベントを選ぶ!

よみうりランド

よみうりランド(東京都)

日本人はお祭りが好きな人、多いですよね。

あの熱狂的な雰囲気や出店でおいしいものを食べるのは、何歳になっても楽しいものです。

私自身も京都にたまたま旅行に行ったときに、祇園祭に遭遇してラッキーと思った経験があります。

そう、はじめから行きたいイベントを決めてしまえば、旅行の行き先も見えてくるものです。

日本の伝統的なお祭りはもちろん、秋はハロウィンや紅葉祭り、冬はイルミネーションなどもありますよね。

またイベントというと大きなものを想像しがちですが、ローカルなイベントに注目してみることもおすすめです。

例えば、温泉地のグルメイベントや遊園地のショーなども調べてみるといいですね。

行きたいイベントが見つかれば、日にちや行き先も具体的に見えてきそうですね。

食べたいグルメを見つける!

お寿司旅の楽しみといえば、グルメですよね。

行き先を決めてから旅先でおいしいものを見つけることも多いと思いますが、食べたいものを見つけて旅先を選ぶこともおすすめです。

私自身、香川県に行ったときにふらっと入った讃岐うどんのお店がおいしすぎて、讃岐うどんを食べるために今度は旅行を計画してみたいと思った経験があります。

讃岐うどんを食べに行く旅行もいいですし、具体的なお店を予め決めてしまってもいいかもしれません。

また地元のおいしいグルメを見つけることもよいですが、グルメに力を入れている料亭旅館や名物のある温泉旅館を選ぶこともおすすめです。

近年は朝食バイキングに力を入れているビジネスホテルも増えてきています。

朝食バイキングで人気ナンバーワンに選ばれたホテルなどを選んでみれば、朝から楽しみが増えそうですね。

スポンサーリンク

現地でかかるお金を計算する!

ホテル代や航空券代は少しでも安いプランを探していたのに、現地に行くといつの間にかお金を使っていた・・・なんてことありませんか?

現地でかかるお金も旅行に不随するお金なので、予算を立ておきたいものです。

つまり 旅費や現地でかかるお金の予算をトータルで決めておくこと、旅行の行き先も具体化しやすいです。

例えば箱根や軽井沢などの人気の観光地では物価はやや高め、観光スポットの入園料なども高い傾向にあります。

また京都では拝観料が値上がり傾向にあり、いくつも観光していたらあっという間にお金がなくなっていたなんてことも少なくはありません。

一方は奈良は拝観料がかからずに見学できるところも多いので、低予算でも観光を楽しむこともできます。

行き先に迷ったら、現地でかかるお金がどのくらいなのか、予算を決めて計算してみることもおすすめです。

雨の日でも楽しめるところを見つける!

旅行は前もって計画をすることが多いので、天気を選べないことが悩ましいところです。

せっかく旅行を計画していたのに、雨でテンションが下がってしまったなんてこともありますよね。

そこで天気が悪くても楽しめる観光スポットがあるのか?旅行の行き先を決めるときに、考えてみることもおすすめです。

例えば金沢や箱根には美術館や博物館がたくさんあるので、万が一天候が悪くても観光できるところが充実しています。

私自身も旅行中に雨に遭遇したことがあり、静岡に旅行中だったので竜ヶ岩洞とよばれる洞窟に行ったら水かさが増して、一層神秘的な光景を楽しめた記憶があります。

また小雨程度であれば、水量が増して滝なども見ごたえがありますよ。

子連れであれば、行き先の近くにメインの予定にはなくても水族館や室内遊び場などがあるところを選ぶと雨の日でも安心ですね。

特に梅雨の時期や台風のシーズンは、天候が悪いときでも楽しめる周辺スポットを調べて行き先を選ぶこともおすすめです。

まとめ

自分にぴったりの旅行の行き先を見つけるには、少し調べ方を変えて具体的なイメージを持つことが重要です。

知名度の高さやメジャーどころばかりに焦点をあてるのではなく、旅行者自身が楽しめることが大切なことといえるでしょう。

スポンサーリンク