【電車とバスの博物館】料金・混雑・ランチについて。2歳と行った口コミも!

電車とバスの博物館の入り口

電車とバスの博物館の入り口

東急田園都市線の宮崎台駅すぐの場所にある人気の観光スポット、電車とバスの博物館に2歳と0歳の子供を連れて遊びに行ってきました。

専用の駐車場はないのですが、二人の幼い子どもを連れて遠くから電車でアクセスできない!と思い車で行きましたが、 近隣の駐車場にとめることができました。

入館料は2歳以下の子どもは無料だったので、大人2人の入館料だけでとてもリーズナブルに楽しむことができました。

今回は電車とバスの博物館の料金、混雑状況、ランチ、周辺の駐車場や2歳と行った口コミをまとめてみたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

入館料・営業時間について

住所川崎市宮前区宮崎2-10-12
(東急田園都市線宮崎台駅直結)
入館料大人(高校生以上)200円
3歳から中学生、100円
開館時間10:00~16:30(最終入館は16:00まで)
休館日毎週木曜(木曜が祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
電車とバスの博物館は、入館料が安いのにたっぷりと遊べるのが何よりの魅力ですね。

いざ入館!

電車とバスの博物館の入り口 電車とバスの博物館はA館とB館に分かれており、まずはA館から。A館のエントランスの横にはちょうど田園都市線が走っているので、ワクワクします。

入場券は自動券売機で購入して、いざ入館!自動改札にチケットをぴっ!とかざして、いざスタートです。

入館券で割引サービス

入館券を近隣の提携しているお店に提示すると割引サービスがあり、エレベーターの中にその案内書きがされていました(随時変わる可能性があるので、現地にて最新の情報をご確認ください!)

ちょうど訪れたときは近くのケンタッキー・フライド・チキンやタリーズコーヒーなどの割引が案内されていました。

入館料が安いのに、さらに割引サービスがあるなんて驚きです!

ちなみにこの 入館券は当日であれば再入館可能なので、ちょっと外にごはんを食べに行きたくなったら出るということもできます。

パノラマワールド

電車とバスの博物館のジオラマワールド4階が入口でだんだん下の階に下りて見学をします。まずは3階のパノラマワールドから。

ここの見どころは「 東急ヒストリーパノラマシアター」と「 ジオラマ・シミュレーター」です。

2歳の息子はジオラマ・シミュレーターに一番喜んでいました。ここでは無料で電車を運転することができ、2歳の子供にはちょっと高い高さなので、大人が座ってその上にお座りさせて、運転しました。

意外にも難易度は高かったですが、子どもにとっては運転手さんになれる瞬間をたっぷりと楽しめたようです。

シュミレーターワールド

電車とバスの博物館のシュミレーターワールド1階のシュミレーターワールドは、 実際に東急線の運転をすることができます

「8090系運転シミュレーター」では、各停や急行なども選択できる、本格的なシュミレーター。2歳の子供にはちょっと難しいですが、ここは館内の中でもひと際賑わっていました。

シミュレーターは1回300円の有料で、当日の予約制。平日だったので数名待っている程度でしたが、休日は混雑しそうですね。他にも昔懐かしい東急コーチなどがありました。

キッズワールド

電車とバスの博物館のキッズワールド電車とバスの博物館はA館とB館に分かれており、パノラマワールドやシュミレーターワールドなどがあるのがA館で、 B館がキッズワールドとなっています。

A館からB館へは館内でつながっていないため、横断歩道を渡って移動しますが、道路を挟んですぐ向かいになります。

B館は幼稚園生くらいの子どもが楽しむのにちょうどいい感じで、A館に比べると規模はかなり小さいです。

キッズワールドにはキッズシュミレーターやプラレールパークがあり、プラレールパークは靴を脱いでおもちゃのプラレールで遊ぶことができます。

プラレールパークは30分の交代制で、利用する時間帯ごとに当日予約をするシステムとなっています。つまりいきなり今利用したい!っていうのができないんです。

A館に行く前に希望する時間を予約しておいて、希望の時間になったらプラレールパークに遊びに行くと時間の無駄がないと思います。

お土産ショップ

電車とバスの博物館のお土産お土産ショップはA館3階の「DENBUSショップ」で、規模は少し小さめです。

ここで気になったのが、このキーホルダー。

東急線の各駅がキーホルダーになっていて、人気の駅は売り切れになっているところもありました。値段は600円くらいでした。

幼稚園のカバンなどにつけるのにも、ちょうどいいお土産です!

授乳室やベビーカーは?

授乳室はA館の1階の場所を利用しました。

カギがかけられる個室タイプなので、ゆっくり利用できました。

また ベビーカーは入館できないので、エントランスに置いていくルールがあります。

確かに館内は階段が多いし、博物館の規模もさほど大きくはないので納得の理由です。

実際に足を運んで感じたこと

実際に足を運んで感じた混雑状況や、飲食についての感想をまとめてみました。

電車とバスの博物館は飲食の持ち込みが可能なので、お弁当や買っていったものを持ち込むこともできます。

周辺にはリーズナブルな飲食店なども充実していましたよ!

混雑状況

訪れたのは8月の下旬の平日。学校によっては小学校がもうスタートしている時期だったのだか、小学生は少なめで幼稚園くらいの子どもが中心でした。

混雑状況は思っていたよりも空いていました

ジオラマも近くでゆっくり見ることができたし、券売機でチケットも待たずに買えたし、ジオラマ・シミュレーターも数分待って順番が来ました。

休憩スペースは少し混んでいましたが、お昼時でも座れるスペースはすぐに確保できました。

電車とバスの博物館の駐車場について

電車とバスの博物館のA館は宮崎台駅の改札を下りてすぐ目の前にあるので、電車の場合は雨の日でも雨に濡れずに入口まで行くことができます。

車でアクセスした我が家は、電車とバスの博物館から徒歩3分の場所にある パークジャパン宮崎台第1という駐車場に停めました。

台数としては10台程度で、1時間300円でした。電車とバスの博物館には2時間程度いたので600円。駅近としてはそこそこの安さだと思います。

電車とバスの博物館の駐車場についての記事はこちらがおすすめ→【電車とバスの博物館】周辺の安い・最大料金ありの駐車場を地図で解説!

ランチ(食事)は持ち込み可能

電車とバスの博物館でお昼(ランチ)や食事って気になりますよね。入館料が安いのでできればお昼にはお金をかけずに楽しみたいものです。

館内にレストランやカフェはなく、自動販売機で飲み物やアイスなどを購入できます。

そしてなんといっても魅力的なのが食事の持ち込みが可能なので、貸切バスの座席を用いた休憩コーナーで買ってきたものを食べることもできますし、もちろんお弁当を持っていくこともできますよ。

では宮崎台駅近くにテイクアウトできるお店あるの?という話になってきますが、これが実際にはけっこうあるんです。

下記に電車とバスの博物館から3分以内にあるお店をまとめてみたので、参考にしてみて下さいね。

ちなみに周辺にはファミリーマートが3件あります。

・宮崎台東急ストア
・ライフ宮崎台店
・神戸屋ブレッズ宮崎台店
・ケンタッキー・フライド・チキン宮崎台店
・タリーズコーヒー宮崎台店
・北京川崎宮崎台店 ※宮崎台で言わずと知れた人気のお店で、名物は餃子と担々麺!
・グラッチェガーデンズ川崎宮崎台店 ※ファミレスで博物館のすぐ目の前にあります。

当日であれば再入館可能なので、外に買いに行ったり、食べに行くことができるのが魅力的ですね!

まとめ

電車とバスの博物館は、2~3時間もあれば十分に楽しむことができます。

近くには飲食店も多数あり、持ち込みが可能なのでお弁当を持っていくのもおすすめです。

入館料が安いのでコストパフォーマンスも抜群だし、雨の日のお出かけにもおすすめです。

※記事内容はレポート時点の情報になります。お出かけの際は最新の内容をご確認下さい。