赤ちゃんと新幹線に乗るときに知っておきたい10つのポイント

新幹線赤ちゃんと新幹線に乗るときには、ベビーカーや授乳、オムツ替えのことなど、考えると色々と不安なことがでてきます。

さらに赤ちゃんが泣いたりしたら、どうしよう・・・と思っているママやパパも多いことでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんとの新幹線を快適に過ごすための、10つのポイントをまとめてみました。

はじめて赤ちゃんと新幹線に乗るママやパパに役立つ情報をご紹介していきます。


スポンサーリンク

新幹線に乗れるのはいつから?

里帰り出産をしたママにとって、赤ちゃんが新幹線にいつから乗れるのか気になるところですよね。

新幹線に乗れるのは首が座った生後4.5か月以降がベストです。

厳密にいつからという決まりはありませんが、早くても生後1か月の検診を終えてからの方が安心できるでしょう。

首がふにゃふにゃの状態では不安も多いですし、産後はママの身体の回復もとても大切です。

赤ちゃんの料金

新幹線は未就学児の料金は無料なので、赤ちゃんに料金はかかりません。

ただし座席が必要な場合は別途料金が発生します。

車内ではパパやママのお膝の上で過ごすようになるので、赤ちゃんをあやすおもちゃなどを持っていくといいですね。

ベビーカーはどうする?

ベビーカーを持っていくときは、最前列もしくは最後尾を予約することがおすすめです。

最前列は少し広々としているので、ベビーカーを折りたたんで足元に置いておくことができます。

最後尾はスーツケースくらいの大きな荷物を置けるスペースがあります。

最前列や最後尾の座席は希望者も多いので、早めの予約がおすすめです。

授乳室はどうする?

新幹線には授乳室はありませんが、多目的室が完備されています。

多目的室はお身体の不自由な方や、具合が悪くなった人などが利用できるスペースですが、授乳にも利用できます。

東海道新幹線や山陽新幹線の16両編成は11号車、そのほか8両編成と12両編成は7号室に付近に多目的室が完備されていることが一般的です。

つまり多目的室に近い場所の座席を予約しておくと、移動が少なくて済むので赤ちゃんのお世話にとても便利ですよ。

ただし多目的室は鍵がかかっていることが多いので、車掌さんに一言声掛けが必要になります。

また、多目的室は週末や規制の時期など混雑しているときには待ち時間が発生することもあります。

おむつ交換は?

新幹線の洋室トイレには、おむつ交換台が完備されています。

新幹線は揺れることも多いので、おむつ交換の際は赤ちゃんをしっかり固定するようにしましょう。

新幹線の駅にはおむつ交換のできるトイレが完備されていることが多いので、乗車前におむつを交換しておくと安心できますね。

スポンサーリンク

2人掛けのシートを予約する

3人掛けのシートの場合、隣に人がくるので赤ちゃんが騒いでしまったときに少し迷惑になることがあります。

2名掛けであればパパとママで利用できるので、安心感がありますね。

また多目的室がいっぱいのときは、授乳ケープを使って座席で授乳することもあるかもしれないので、2人掛けの方がいいですよね。

赤ちゃんがぐずったら

赤ちゃんがぐずったら、デッキスペースに移動して赤ちゃんの気分を転換させましょう。

抱っこ紐があると便利ですね。また赤ちゃんが飽きないように、お気に入りのおもちゃなどを持ち込んでいくと安心できます。

ただし音の出るおもちゃは他の乗客に迷惑になるので、絵本などがいいですね。

グリーン車はNG?

グリーン車に、赤ちゃんを乗車させることには賛否両論あります。

グリーン車には高いお金を払って快適な空間を求めている人が多いので、赤ちゃんが泣いたり騒いだりすることをよく思わない人もいます。

総合的に考えると、赤ちゃんとの旅行には普通車を利用した方が無難ですが、グリーン車を利用する場合は赤ちゃんが騒いだらすぐにデッキに移動するなど周囲への配慮がとても大切です。

赤ちゃんのお昼寝のタイミングに合わせる!

時間帯を選べるのであれば、赤ちゃんのお昼寝のタイミングに合わせて新幹線のチケットを予約することもおすすめです。

新幹線の揺れで赤ちゃんがウトウトしてくれたら、パパやママも安心できますね。

また土日や平日の午前中は観光客やビジネスマンの利用者が多いので、その時間帯は避けるようにするとよいでしょう。

荷物はコンパクトに!

赤ちゃん連れは、何かと荷物が多いものことが悩ましいところです。

帰省であれば宅急便で荷物を送ってもらったり、旅行であれば赤ちゃんグッズなどが用意されている赤ちゃんプランなどを利用して、荷物を少なくすることもおすすめです。

また観光地であればベビーカーなどの貸し出しをしているところもあるので、うまく活用してみましょう。

まとめ

赤ちゃんの新幹線に乗ることは何かと不安が多いものですが、一つ一つ悩みをクリアにしていって楽しい時間を過ごしたいものです。

新しいおもちゃを持ち込んで赤ちゃんの興味をひいたり、窓から景色を眺めたりと、赤ちゃんをあやしながら新幹線の時間を楽しみましょう!

スポンサーリンク